スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://inoism.blog.fc2.com/tb.php/2-3894d322

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

これで年収一億!?お金持ちのシンプルな6つの習慣



プレジデント2013.4.29号にて、偉くなる人のマナー入門という特集が組まれていました。

CA(キャビンアテンダント)後起業した、美月あきこ氏が観察した超一流のビジネスエリート達の気遣いについて語っています。

ファーストクラスの平均的な正規運賃は200万前後だそうです。
そんなファーストクラスに乗る超一流のお金持ちがどのようなことを習慣としているか、気になりませんか?

その一部をご紹介します。


1.メモとペンを肌身離さない習慣



彼らはちょっとした思いつきや、ビジネスヒントも逃さないようにする習慣を身につけている

話に耳を傾け、発言をメモして参考にしてくださるという、どんな相手でも尊重するその姿勢に感動を覚えるほどです。

P.31


お金持ちの習慣として、ペンとメモを、胸ポケットなど取り出しやすいところに常に身につけていることが挙げられます。
思考を逃さないようにメモを習慣化することは大事ですよね。

今の時代スマホでメモをしている方も多いです。
しかし、やはり他人と会話しながらメモを取るなら紙が優位です。
会話しながら携帯をいじられていい気がしない人も沢山いますよね。

状況によって使い分けられるようデジタル、アナログ両方で思考を捉えられるようにしておけば便利ですね。


2.モノと人へ気を配る習慣



日頃使用するモノへの愛着とこだわり、そして丁寧な扱いは、ビジネスエリートの証しのようだ。

P.32


お金持ちの習慣として、上着を脱いで、そのまま背もたれにかけたりしないことが挙げられます。
またCAに上着を渡す際、ハンガーにかけやすい向きで渡すという気配りを忘れないそうです。

人として当然の礼儀と思う方もいると思いますが、それが出来ていない人が多いことも事実です。
超一流の方々は他人もモノ(衣服)も大切に扱う習慣があるのです、格好いいですね。


3.モノへ執着しない習慣



大きな手荷物を持って搭乗してくると、すぐにビジネスクラスからの「アップグレード客」だとわかる

"超一流"の方々は、身のまわりのものを選択し、要不要の仕分けができる人が多いのです。

P.33


物、情報の厳選、取捨選択はものに溢れている現代にて必須のスキルですね。
機内には本のみをいくつも持ち込み、到着後読み終わった本を全てをCAに渡し、処分してもらう人もいるそうです。

愛着と執着は似て非なるものです。
断捨離の基本概念でありますが、モノへの執着から離れましょう。


4.上を叱り、下を褒める習慣



何かクレームがある場合は、必ずチーフに。逆に、褒めるのはジュニア

相手を気持ち良くさせて、自分がイニシアチブを握る。するとより良い結果が自分に返ってくる

P.34


威圧的な態度や権力で人を押さえつけることは容易ですが、それでは人はついてきません。
一流の人ほど自分の地位に驕りを持たず、人を立てることができるようです。


5.自分を相手の鏡と考える習慣



みなさんやさしい笑顔で相手の目を見て話をされ、しかもユーモアあふれる話で自ずと緊張感もほぐれてしまいます

人というのは不思議なもので、相手の出方次第で自分の出方を決める習性があります。

P.35


人こそ人の鏡と言いますよね。
人というものは相手の感情に呼応するものです。
嫌な相手というのは、相手から見て自分もそのような態度をとってしまっていることが多いと思いませんか?
それではお互いどんどん嫌いになって負の連鎖ですよね。

下記記事で紹介している『日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則』にも同様のことが書かれていますね。

ニューライフ・タイムズ |イライラから開放されたい人ための、たった2つのコツ

ビジネスマンのための書評、ライフハックブログ




一流の方はその習性を逆に利用し、相手の感情を操ります。
嫌いな相手でもぐっとこらえ、好意を前面に出して行けば上手く行く人間関係は多いはずです。
どんどん人を自分の味方にしてしまいましょう。


6.話はコンパクトにする習慣



まず、相手の注意喚起を促し、興味を引いたら詳細を話していく。
新聞の紙面でいえば、見出しで目を引き、本文を読ませるという流れだ。

P.35


話をするときは結論からというのは基本ですよね。

話し出しで相手の反応を伺い、そこから掘り下げていくか、流してしまうか判断しましょう。
また話はできるだけコンパクトにしましょう。

無駄に長い話は聞いている方も疲れてしまいますし、集中力が続きません。
いくら校長先生がご高説を話していても、長すぎると眠くなってしまいますよね?笑


まとめ


お金持ちの習慣はどうでしたか?
もしかして「こんなの当たり前じゃん!」と思われた方もいらっしゃると思います。

どれも本当に当たり前のことで、しかし難しいことなのです。

特別なことをするよりも、人を思いやるという当たり前のことを習慣化することの方がよっぽど大事なのだと思います。

それが出来れば周囲の環境を変えたり、自分をステップアップさせることだってできるはずです!


それでは、良いビジネスライフを!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://inoism.blog.fc2.com/tb.php/2-3894d322

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。