スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://inoism.blog.fc2.com/tb.php/14-ff5dfe5d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

3分でおいしそうな料理写真を作る方法



「料理の写真を撮ってみたけどイマイチおいしそうに見えない・・」

なんてこと、ありませんか?

SNSなどで、料理の写真を友人と共有するとき、友人に
「おいしそう!」
「今度連れてってよ!」

なんて言われると、とてもうれしいですし、食事も楽しくなります♪

今回は簡単に!時間をかけずに!スマホで!撮った料理写真を、おいしそうに見せる方法を紹介します!


あなたの写真がイマイチな理由




「料理の写真を撮ってみたけどイマイチおいしそうに見えない・・」

その理由は、「構図」と「明るさ」にあります。

料理が遠い写真と、暗い写真はおいしそうに見えません。

食べ物がおいしそうに見える写真の条件は、以下の3つがあります。

①メインがドアップで写っている


ドアップに写っていると迫力が増し、食べ物の光沢や質感が強調されます。
しかもソレっぽく見えます!

②明るい


室内で撮ると暗くなりがちです。
全体的に暗い写真は、見栄えが悪いです。

③暖色系の色味が強い


人は寒色系の色を見ると食欲が減退します。
スライムマンとか、見た目はあまりおいしくなさそうでしたよね。
暖色系の色を強めるとそれを打ち消し、よりおいしそう見えます。

この3つを満たすだけで、ある程度まで一気に写真のクオリティが上がります!


撮影時の注意


撮影時は以下の3つを意識するだけでOKです!

①メイン料理をドアップで撮る




料理の写真を撮るとき、お皿や他のメニューまでぜーんぶ写真に収めたくなりますよね。
しかしそれは上級者向けの撮り方。
簡単においしそうに見せたければ、メインの料理だけをドアップで撮りましょう。

②ピントを手動で合わせる




写真のメインを自分で決めて、手動でピントを合わせてください。
ピントを合わせる場所によって、写真全体の明るさや雰囲気が変わってきます。
いくつかのポイントでピントを合わせて数枚撮って、あとで気に入ったものを選びましょう♪

③連写する




どんな写真でも手ブレをしていたら一発で台無しです。
脇をしっかり締めるか、腕を机などに固定して撮りましょう。

それでもブレそうだと自信がない人は連写しましょう!
何枚かはブレずに写っているはずです。

ちなみにiPhoneではiso7以降、シャッターボタン長押しで連写出来るようになりました。


写真の加工



写真の明るさ、色味などは、撮影時にはどうにもならないことが多々有ります。
しかしスマホなら、写真加工アプリで簡単に修正できます。
昔に適当に撮った写真も、加工すればある程度おいしそうに見せられます!

私のオススメ料理写真加工アプリは、snap dishです!



明るさと赤みを3段階で調整できるので、簡単に直感的に使うことが出来ます。
1分以内で加工できるほど簡単なので、ほとんど手間も感じません。

こだわりのある人はマニュアルで細かく調整もできますが、私は3段階で十分だと思っています。



またこのアプリには「ぼかし」という機能がついています。
卓上や背景がある程度汚くても、ぼかすことにより料理の引き立て役となってくれます。




まとめ


①料理をドアップで連写
②snap dishでワンタッチ加工


たったこれだけで、今までの料理写真が見違えるほどおいしそうに見えるはずです!

早速今日のランチをSNSにアップしてみませんか?

※ ちなみに今回使用した写真はやよい軒の生姜焼き定食(\580)です。
おいしいのにコスパが良く、オススメです!

旅行を何倍も楽しむ!カメラ旅のススメ


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://inoism.blog.fc2.com/tb.php/14-ff5dfe5d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。