スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://inoism.blog.fc2.com/tb.php/11-98672539

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

体に染みわたる!夏は冷たい飲み物を水筒で持ち歩こう

水


暑い!冷たい飲み物だ!
っと自販機で買ったペットボトル。
一時間も経たずにぬるくなっちゃいますよね。
それでついつい一気飲みしちゃったり・・・

水筒を持ち歩けば常に冷たい飲み物が飲めますよ!

重い?ださい?
最近の水筒はそんなことないんです。
軽くて、スタイリッシュ、そして保温性も抜群!
「水筒なんて・・」と思っている方、是非ごらんください。


水筒ブームの到来


近年、水筒を持ち歩いている人がすごい増えています。
大震災後、環境への配慮、資源やお金の節約について改めて考えなおした方がとても多く、それ以降水筒を持ち歩く人が増えたように感じます。

それに伴いオシャレな水筒も増え、街を見ていてもオシャレな人が水筒を持ち歩いている率はかなり高いように感じます。


オシャレに進化した水筒


最近は水筒ではなく、マグ、マイボトルなどと呼ばれています。
名前もオシャレな呼び方になってますね。

それでは水筒改め、マグの特徴をお伝えします。

・容量は確保しつつ形状はスリム
・本体から直接飲むタイプが多く、蓋を持つ必要がない
・蓋を開くのもワンタッチなので非常に楽
ロックもできるのでバッグに入れても安心

代表として私が使っている象印のSM-SA48の性能を示します。

・容量|480ml(スタバのグランデサイズ、500mlペットボトルがピッタリ入る大きさ)
・重さ|205g(小さい缶コーヒー1本程度)
・保温性|95℃の熱湯が6時間後でも71℃以上
4℃の冷水が6時間後でも8℃以下
(朝入れて、夕方になっても保温されています。)

どのマグも性能は似たり寄ったりなので大体このような性能です。

私は保温性が良くワンタッチのものがよかったので、2014年2月時点でワンタッチで最も保温性が良かったSM-SA48を選びました。
寝起きに時間を使わず、温かいコーヒーが飲みたかったので。

人によっては保温性より軽さを選ぶ人もいるかも知れません。
沢山似たようなマグがありますが、どれか重視する点を決めれば、選択肢はかなり狭まります。


水筒を持ち歩くメリット



1.一日中どこでも冷たい、温かい飲み物を飲める


暑い夏、寒い冬には非常に嬉しいです。
また、夏に温かい飲み物を飲みたいけど売ってない・・と悩んでいる女性は結構多いようですが、マグなら解決です。
もちろんお茶や水を常温で持ち歩くこともできるので、健康志向の方にもオススメです。

2.外で飲み物を買う頻度が減る


環境はもちろん、自分の財布にもとてもやさしいです。
お茶やコーヒーを家で入れて行ったり、ジュースを1Lで買って移し替えたり、とても節約になります。
また冷たい内に飲んでしまおうと無理やり一気飲みする必要もなくなるので、一本買ってすぐに移し替えれば長く楽しめます。

3.スタバなどの一部のカフェではマイボトル割引がある


スタバではマイボトル、タンブラーに入れてもらうと50円引きしてくれます。
カフェ・ド・クリエに至ってはおかわり100円のところ、マイボトルを出せば50円になってしまいます!

4.魔法瓶なので、外側に水滴などがつかない


ペットボトルや保温機能のないタンブラーをバッグに入れると、外側に水滴がついて本やノートが濡れてしまったりします。
マグなら外側の温度は変わらないので、心配不要です。


今こそマグデビュー


さて、いかがでしたか?
水筒改め、マグ、なかなかバカにできないですよね。

是非お近くの家電量販店などで試しに見て、軽さを実感してみてください。

皆様が快適な夏を過ごせますように。


      
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://inoism.blog.fc2.com/tb.php/11-98672539

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。